DSC_0024

「利用者の気持ちを知るためには自分でやるのが一番だ」
と言われたので、で大人用のオムツ(右側の白色)と尿とりパッド(左側の緑色)をお持ち帰りしました。
あ、もちろん写真は未使用です。この後自分が履きましたが。

現在は自立出来る利用者のトイレの介護をお勉強する段階に。(他にもたくさん勉強することあるけど)
お尻を拭いて、新しいオムツとパッドを交換するだけなんですけども、これがめっちゃ難しい。
2日間で5回ぐらいやっても、未だにによく解ってない;
自分でパンツ履くのは簡単なのに、他人のをやるの凄い戸惑う…主に力加減…
あと、そうも言ってられないのですが、他人の局部を見るのは慣れたけど、手を当てるのは慣れない…
っていうか慣れてない事ばかりだわ(ry

実物使って練習しましょう、ということで職場からオムツを借りることに。
ユニットバスでひたすらオムツとパッドを自分の体に当てたり脱いだり履いたり繰り返してます。
実戦で役立つかは正直解らないけど、オムツを履く時にめっちゃ力入れても痛くないのは解った^q^
あと、結構履き心地は抜群です。ふわっふわです。
残りは実際に尿とりパッドの効果を試したいのですが、流石にやめときました。50年後ぐらいに試そう。