4月から働く職場の3日間に渡る研修が終わりました。
そういった分野の学校を出たわけでもないし、経験もゼロなので、
お手伝いや話し相手を中心に、場の雰囲気を掴んでいく感じになりました。

感想としては覚悟していたけど、やっぱり介護は大変だ…w
体力にも精神にとてもくるねこれ。。。
卒論や独学でちょいちょい学んではいたけど、本やニュースで伝えてることって綺麗事だよ(ゲス顔

外から見てもキツイし、大変というのは嫌というほど感じはしたけれども、それでもやっぱり人と接するのはクッソ楽しいし、一緒に働く人達は良い人ばかり。
シャキシャキした日本のお母さん、お父さんみたいな印象。6人いるけど、全員子持ちの家庭とはすごい…!
基本10人の利用者のユニットという少人数ながらも、ワイワイガヤガヤと賑やかな雰囲気。
職員と利用者の距離も非常に近く、まるで家族の一員になったような感覚。
少人数ということもあり、結構1人1人見守る余裕はあるので、その分近い距離で接する機会も多く、結構楽しいもの。

利用者の身体的拘束も無しなので、歩行が不自由でも自分から廊下にお散歩しに行ったり、
他のユニットからフラフラ~っと入ってくる方もいらっしゃったり…w
その分めっちゃ神経使う事も多々あるんですが!

まだまだほんの一部しか見ていないし、諸々覚えなきゃいけないことも気が遠くなるほどあるけれども、
1日でも早く動けるように頑張っていかなきゃなーと思うのでした。