最近はお勉強の合間にデュープリズムを強くてニューゲームでプレイしてるけど、遊ぶ度に面白いんだよなぁこれ。
15年ぐらい前のゲームなんて気にしないぐらい面白い。

元々PS2で遊べる面白いソフト無いかな~、と思ってたら澪漂さんからオススメされたのがこのゲーム。
ちなみにソフトも貸してもらいました。めっちゃ感謝です。
最初パッケージを見て、「ファンタジーな感じで面白そうだな~」と軽く思ってたんですが、
いざやってみるとドップリとハマってしまったわけです(
こんなにゲームに夢中になったのはいつ振りかと思うぐらいには熱中してましたねw

割と有名なゲームらしいですが、自分はオススメされるまでタイトルさえ知らなかったので、
知らない人の為にちょいと説明。

大切な人を生き返らせるために冒険をする男の子のルウによるシリアス且つホロリと涙するシナリオ。
自堕落な生活から妹に継承者を奪われ、見返そうと冒険する女の子のミントによるドタバタ且つコミカルなシナリオ。
2人の主人公が目指しているのは、どんな願いも奇跡も起こすマジックアイテム「デュープリズム」
ひとつの世界に、ふたつのファンタジーというキャッチフレーズのアクションRPG。
ちなみに開発は現スクウェア・エニックスのスクウェア。
ストーリー自体は捻りが少なく、非常に解りやすいシンプルなもの。王道のど真ん中といったところ。 
思わず「あ~」と頷いてしまうようなベッタベタな展開も多いけれど、非常に描写が濃い。
どちらのシナリオにも笑いがあって、涙があって、最後はスッキリと気持ちよく終わる。
2人ともクリアしたあとに出てくるちょっとしたオマケムービーみたいなのは全然スッキリしないけれど(ry

初代PSのゲームだけあって、グラフィックはリアルには程遠いが、カラフルな色使いと小さく可愛らしいキャラクターはファンタジーな世界観と妙にマッチしていて違和感を感じさせない。
小さな体で大きくリアクションを撮る姿はさながら人形劇を見ているかのような錯覚になります。
なんというか、ベタベタしていないソフトな気持ち良さがあります。 

そして何より、一番好きなところが、ちょっかいを出してくる敵キャラクターやその部下、途中で協力してくれるキャラクター、果てや酒屋の店主まで、脇役含めた全てのキャラが非常に濃く描かれているところ。
もちろん出番の多い少ないの差はあれど、キッチリと全員に見せ場があるのが本当に素敵。

少し話は逸れますが、自分が演劇の脚本を書くのにひとつの条件をつけていまして、
“どんなに出番の少ない役者でも全員に解りやすい見せ場を作る”
まさにその理想形がデュープリズムのシナリオなんですよねー。本当にいいよこれ。
正直な話、もうちょっと早くこのゲームに出会いたかったよ。。。

ちなみにキャラクターはミントちゃんが好き。ミントちゃんになら蹴られてもいい^q^
今ならPS3やPS Vitaのゲームアーカイブスで617円でDL出来るので、未プレイはぜひぜひ(*・ω・)

あ、メルのアトリエの横スクロールアクションゲームは許されない(解る人は解ってほしい