今日は老人ホームのボランティアに参加してきました。例の如く1人で。
春から介護施設で働き始めるのですが、(未経験でも大丈夫だよと言われたものの)知識も経験もゼロのまま来月の研修に参加するのは不安だったので、せめて現場の雰囲気だけでも味わっておこうという魂胆ですw

ついでに言うと、就活終わってから卒論に手を付けたという事もあって、
「まずは自分が働く世界の事を知らなきゃね」
ということで、卒論のテーマも介護に関することでした。

実は介護施設でボランティア自体は初めてではなく、何回か去年の夏にやってたりしてました。
来月から研修あるし、もう1回ぐらいと思って参加。
電話1本でいつでもお気軽に参加出来るので非常にお得。
(調べてみると常時ボランティア募集してる介護施設は結構あります)
内容はお茶を飲みながらお話したり、一緒に絵を描いたり、折り紙折ったり。
たまーに職員さんに付き添って高齢者の移動の補助をしたりとかも。
春から介護職員になる旨を伝えたら、割と踏み込んだところまで特別にやらせて頂いたり、
結構貴重な体験が出来ましたほくほく(*´ω`)

活動自体は話し相手が中心でしたが、ボランティアということ忘れてしまうぐらいめっちゃ楽しい。
介護が必要とは感じさせない笑顔とお喋り、若干引っ張ってもらう形になってしまう事も度々あったり(
あとはもうちょい手先が器用になりたかった…絵を描くのも折り紙も苦手なんだよ!!
正直、折り紙に関しては向こうの方が上手かった…;

あとは「話してて楽しい会話」ではなく、「ペースに合わせた会話」をするのを痛感。
内容よりも相手が気持ち良くお喋りできるような返答が大事なのだそうだ。
同世代の人とお話しすのとは勝手が全然違う、これは難しい。
これから働く施設は大半が認知症持ちらしいのですが、大丈夫かしらね…ちょっと不安;
ですが、今日を通じてだいぶ感覚は掴んだので、なんとか出来そうと思う事にします((

あとは「笑顔」。これさえ守れば大丈夫と職員さんに笑顔で言われたので、春からも笑顔で頑張るぞい。